Home > 小花模様の作り方(上)

小花模様の作り方(上)

小花模様の作り方-00

作り方や、とんぼ玉への埋め込みが、一番簡単なパーツです。
レース棒とほぼ同じ工程で出来ていますので、省略しつつ紹介します。

【このページの内容】
・花びらになるパーツを作る
・パーツを溶着して伸ばす
以上

花びらになるパーツを作る

花びらになるパーツを作る-01

※炎の描写は省略しています。
不透明ガラスのタネに、透明ガラスを被せた状態です。


花びらになるパーツを作る-02

柔らかくして、コテなどで平らにします。


花びらになるパーツを作る-03

さらに柔らかくして、コテやナイフで溝を付けます。
溝の付け方で、花の種類や表情が変わります。


花びらになるパーツを作る-04

十分に柔らかくして、ポンテを付けて伸ばします。
大きさによっては、ピンセットで引く場合もあります。


花びらになるパーツを作る-05

パーツが冷めたら、同じ長さにカットします。


パーツを溶着して伸ばす

パーツを溶着して伸ばす-01

透明ガラスのタネにパーツを溶着していきます。


パーツを溶着して伸ばす-02

パーツが割れないよう、慎重に温めてから溶着します。


パーツを溶着して伸ばす-03

作りたい花の種類に合わせて、花びらを取り付けます。


パーツを溶着して伸ばす-04

パーツの間に、透明ガラスを塗りつけています。
塗りつけ具合で、花びらを尖らせる事が出来ます。


パーツを溶着して伸ばす-05

十分に柔らかくして、ポンテを付けて伸ばします。


パーツを溶着して伸ばす-06

冷ましてカットすれば、パーツは完成です。


・小花模様の作り方(下)に続きます。


このページの先頭に戻る