Home > レース模様の作り方(上)

レース模様の作り方(上)

レース模様の作り方-00

レース棒と呼ばれるパーツを作って、ガラスに模様を描きます。
細く白い糸が交差して、編み物のレースのような模様を作り出します。

【このページの内容】
・「糸」になるパーツを作る
以上

「糸」になるパーツを作る

レース棒のためのパーツを作る-01

棒状の不透明ガラス(白)の先端を溶かします。

※炎を描写すると見づらくなるので、以下は省略します。

レース棒のためのパーツを作る-02

ステンレス棒の先端に、溶かしたガラスを球状に付けます。


レース棒のためのパーツを作る-03

次の作業がしやすいよう、コテなどで形を整えます。


レース棒のためのパーツを作る-04

透明ガラスの先端を溶かして、全体に塗り付けます。


レース棒のためのパーツを作る-05

塗りつけたガラスを、よく熱して馴染ませます。


レース棒のためのパーツを作る-06

いっぽうで、ポンテ用にガラス棒を溶かし始めます。


レース棒のためのパーツを作る-07

溶かした先端を、鉄板に押し付けてポンテを作ります。


レース棒のためのパーツを作る-08

十分柔らかくなったタネに、ポンテをしっかりと食い付けます。


レース棒のためのパーツを作る-09

タネの柔らかさを一定に保ちながら、ポンテを引いていきます。


レース棒のためのパーツを作る-10

なるべく同じ太さになるように。


レース棒のためのパーツを作る-11

両端を工具でカットします。


レース棒のためのパーツを作る-12

冷めたパーツを、同じ長さに切りそろえます。


・レース模様の作り方(中)に続きます。


このページの先頭に戻る